僕のねとられ話しを聞いてほしい 褐色のデカチン肉体労働者に寝盗られた妻 森沢かな


今年の春ごろから、ウチの近所で、自治体の公共緑化事業とか何とかで、池田って言う、無口でコワモテなブルーカラーの男が、作業をするようになって。ホワイトカラーの僕とは正反対な、ムキムキの肉体派であるブルーカラー池田のそのデカチンに、物静かな性格のウチの妻が、いつしか、どっぷりとねとられていってしまう事になるとは、当時は思いやりなかった。
いわゆるひとつの、ホワイトカラーだ。僕、森沢、36歳。仕事は、会計士。
詳しくはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。