いやらしい親戚のおばさん 黒柳美沙子




旅行に出かけた両親と入れ替わる様に、だんなさんと喧嘩をして家を飛び出して僕の家にやって来た美沙子叔母さん。叔母さんは僕を昔と同じ様に子供扱いして、お風呂にまで一緒に入って来た…そこで僕はオチンチンを洗われて気持ち良くなって…もっと気持ち良くなりたくて叔母さんに抱きついてしまったのだけど『ナオト君にはまだ早いわ』といわれた。僕はもう…子供じゃないんだ。だからその夜、僕は叔母さんの部屋に忍び込んで…。
詳しくはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。